About

Murasaki Penguin is an interdisciplinary collaboration between Japanese dancer/choreographer Anna Kuroda and Australian sound and multimedia artist David Kirkpatrick. Their work crosses cultures and the boundaries of dance, sound, video, electronics and large scale installation – with a focus on interactivity and live performance.

Since forming in 2010 Murasaki Penguin has created works in Japan, Australia, New Zealand, Austria and Italy including ‘Window’ and ‘Shima’.

Murasaki Penguin projects have received Australia Council OYEA (Residencies and Commissions) funding, Yokohama City funding and been shortlisted for the 2012 ArtsHub Innovation Award for a group, organisation or company. Murasaki Penguin is a current TOYOTA Choreography Award 2016 finalist.

黒田杏菜(ダンサー/振付家)David Kirkpatrick(サウンドマルチメディアアーティスト)がシドニーを拠点にダンス・音楽・映像・電気・光・インスタレーションを織り交ぜ活動するグループ。ライブパフォーマンスを中心とした互いに作用する発見に焦点をおいている。

2010年から活動を始め、日本、オーストラリア、ニュージーランド、オーストリア、イタリアで作品を創作・発表し、主な作品に「Window」「Shima」等がある。

Murasaki Penguinは過去にアーツハブアワード、オーストラリアカウンシルOYEA助成金、横浜市マザーポートエリア創造活動支援事業に選ばれる。2016年トヨタコレオグラフィーアワードファイナリスト。