Shima for Wellington


Dates and Location (日本語はこちら)
Shima for Wellington - From 21st to 30th September 2015 - Wellington Lux Festival - Wellington Harbour, New Zealand

About

An installation on Wellington Harbour, New Zealand for Wellington LUX festival. The work explores shimmering light and the Japanese character ‘shima’ (meaning island). A networked field of washi flowers grows from a grey, plastic raft. Local stones form a Zen garden of sparse patterns. Flowers, working together as a mesh, ebb and flow with the light and movement of Wellington Harbour.

Credits

Co-creator, installation and dance - Anna Kuroda
Co-creator, installation and system design - David Kirkpatrick
Interns - Libby Bayne and Scott Harding
Production Manager - David Goldthorpe
The Wellington Lux Team - Mary Laine, Chris Bennewith, Beckie Lockhart, Antony Goodin, Debbie Fish, Keely McCann, Nic Balkum, Gen Poppe, more staff and volunteers
Documentation Photography - FrƷd, Ryan Clarke, Thomas Goodwin, Serena N Martin and David Kirkpatrick
Wellington Lux Event Partners - Wellington City Council and Massey University
Wellington Lux Sponsors - Wellington Amenities Fund, Philips, Resene, Sputnik., Spyglass, St Johns, Leeds Street, Te Raukura, Wellington Airport, Creature Design and many supporters and collaborators

wellington lux logo

 

日付と会場

Shima for Wellington - 2015年9月21日~30日 - ウェリントンラックスフェスティバル - ウェリントンハーバー、ニュージーランド

内容

Shima for Wellingtonは水面の反射光(Shimmer)と島(Shima)二つの言葉を掛けてできたパフォーマンス、光の展示作品です。和紙でできた花が水面から伸び咲き、その基盤にはウェリントン沖の石で水のパターンが描かれてます。花はウェリントンの水の波の動きにあせて光の強弱を演出します。

クレジット

展示創作、ダンス - 黒田杏菜
展示創作、システムデザイン - デイビットカークパトリック
インターンシップ - リビーベイン、スコットハーディング
プロダクションマネージャー - デイビットゴールドソープ
ウェリントンラックスチーム - マリーレイン、クリスベネウィス、ベッキーロッカート、アントニーゴーディン、デビーフィッシュ、キーリーマクカン、ニックバルカム、ゲンポップ、他スタッフ、ボランティアの方々
写真記録 - FrƷd、ライアンクラーク、トーマスグッドウィン、セレナエヌマーティン、デイビットカークパトリック
イベントパートナー - ウェリントン市、マッセイ大学
スポンサー - ウェリントンアメニティーファンド、フィリップス、レセネ、スプーツニク、スパイガラス、セントジョーンズ、レーヅストリート、テラウクラ、ウェリントン空港、クリエーチャーデザイン、他サポーター、コラボレーターの皆様

wellington lux logo