Waking Blue

Dates and Location (日本語はこちら)

Waking Blue - 7th August 2011 - Filmed in Byron Bay, NSW.
Shown at The Deep End - 1st September 2011 - Bankstown Arts Centre, Sydney, Australia

About

There was not a footprint in the sand. Inspired by this atmosphere we improvised ‘Waking Blue’. After the shoot a pink-shirted, white-haired, flower-necklaced hippy appeared from nowhere, kissed Anna’s hand, told her never to stop dancing and vanished once more.

Credits – Waking Blue Film

Co-creator, choreographer and dancer - Anna Kuroda
Co-creator and videography- David Kirkpatrick

Credits – The Deep End Showing

Installation - David Kirkpatrick
Additional Technical Support - Frank Mainoo
Sound operator - Stono River Caves
Creative Producer - Lina Kastoumis
Special Thanks - Bankstown Youth Development Service (BYDS) and the Bankstown Arts Centre Team

The Deep End Showing Documentation

日付と会場

Waking Blue - 2011年8月7日 - 撮影 バイロンベイ、ニューサウスウェールズ
ショーイング The Deep Endにて - 2011年9月1日 - バンクスタウンアーツセンター、シドニー、オーストラリア

内容

砂の上に足あともなにもなかった。 これがWaking Blueを作るきっかけとなりました。撮影後、全くわからないどこからか、ピンクのシャツを着て、白髪の、ハイビスカスのネックレスをさげたヒッピーが突 然現れた。そして杏菜の手の甲にキスをした。そのおじさんは彼女に、「踊りやめないで。」と言って消えた。

クレジット – Waking Blue 映像作品

創作、振付、ダンス - 黒田杏菜
創作、撮影、映像編集 - デイビットカークパトリック

 クレジット – ショーイング The Deep End

インスタレーション - デイビットカークパトリック
テクニカルスタッフ - フランクメイノー
音響オペレーター - ストノリバーケーヴ
プロデューサー - リナカストウミス
スペシャルサンクス - バンクスタウンユースデベロプメントサービス(BYDS), バンクスタウンアーツセンターチーム