Stutter

Dates and Location (日本語はこちら)

Stutter - From 1st to 3rd December 2022 - Block O, Goodman Arts Centre, Singapore

About

“How has your internal ‘tempo’ changed over the past two years?”

Stutter examines how the pandemic has forced us to adapt to new and unexpected circumstances, resulting in the disruption of pacing within and between people. Consciously and unconsciously we have had to adjust our inner timings and rhythms to fit this uncertainty. As parts of the world stop and start, open up and lock down, the effects continue.

Review

“It was very insightful, inspiring and thought provoking. Thank you for the experience!”
– Lee, audience member – 1st December 2022

“It was very interesting and abstract, there were moments where I felt myself breathing and feeling or being part of the piece. It was definitely memorable.”

– Jasmine, audience member – 5th December 2022

Credits

Creator / Conceptualiser – Murasaki Penguin
Choreographer – Anna Kuroda (Japan)
Sound/multimedia – David Kirkpatrick (Australia)
Dramaturg – Dr Nidya Shanthini Manokara
Performers – Matthew Goh, Audrey Desmond, Cindy Sng and Natasha Fawzi (Understudy)
Production Stage Manager – Cindy Sng
Assistant Stage Manager – Gavia Jessica Lim Wanlin
Costume Designer – Anna Kuroda
Front of House Manager – Muhammad Danial Bin Muhammad Uzair
Front of House Crew – Jansen Marc Maluyo Leal, Monteverde Denise Ashley and Mehernavaz Bakshi
Documentation Photography – Bernie Ng
Documentation Videography and edit – Grace Baey
Support – Natinal Arts Council of Singapore, Saison Foundation, artfund, ELMWOOD, Passioncard

RAW Moves Company

Artistic Director – Ricky Sim
Administrative Executive – Stephanie Loh
Accountant – Sim Siew Kiang
Dancers – Matthew Goh, Natasha Fawzi

日付と会場

Stutter - 2022年12月1日~3日 - ブロックO、グッドマンアーツセンター、シンガポール

内容

「この2年間の間、あなたの内側の『テンポ』はどのように変化しましたか?」

パンデミックによって私たちは予期しない状況に適応することを余儀なくされました。その結果、私たちの内側、あるいは人と人との間の間隔に、いかに混乱が生じたのか、今作品「Stutter」は働きかけます。 意識的に、無意識的に、私たちはこの不確実性に合わせて身体の内側にあるタイミングとリズムを調整しなければなりませんでした。世界の一部が停止し、動き出し、国境が開き、ロックダウンするその影響は続きます。

レビュー

それは非常に洞察力に富み、刺激的で、考えさせられる作品でした。 この経験を、ありがとうございました。”
– リー (観客) – 2022 年 12 月 1 日

それは非常に興味深く抽象的で、自分自身が呼吸をしている、作品の一部であると感じている瞬間がありました。 それは間違いなく記憶に残る作品でした。

– ジャスミン(観客) – 2022 年 12 月 5 日

クレジット

作 / コンセプト – Murasaki Penguin
振付 – 黒田杏菜
音/マルチメディア – デイビットカークパトリック
ドラマツルグ – 二ディアシャンティー二マノカラ(博士)
パフォーマー – マシューゴー、オードリーデスモンド、シンディーシング、ナターシャファウツィ(アンダースタディ)
舞台監督 – シンディーシング
アシスタントステージマネージャー – ゲイヴィアジェシカリムワンリン
衣裳 – 黒田杏菜
受付 – モハムドダニアルビンモハムドウザイア
受付クルー – ジャンセンマークマルヨレアル、モンテヴェルデデニスアシュリー、メハナヴァズバクシ
記録写真 – バーニーング
記録映像、編集 – グレースバエイ
助成 – ナショナルアーツカウンシルオブシンガポール、セゾン文化財団
後援 – artfund、ELMWOOD
協力 – Passioncard

RAW Moves カンパニー

芸術監督 – リッキーシム
管理役員 – ステファニーロー
会計 – シムシウキアン
ダンサー – マシューゴー、ナターシャファウツィ