Subtle Downtempo No

Dates and Location (日本語はこちら)

Subtle Downtempo No - From 25th to 27th July 2019 - Block O, Goodman Arts Centre, Singapore

About

Systems are created to make things understandable and repeatable at scale. In aiming for reliability, simplicity and interconnectedness, certain data is averaged or treated as negligible.
Being excluded from a system, whether by intention of the system’s designers, or unintentionally, as a result of being different or unexpected (an outlier), can have consequences ranging from not being able to find a shirt that fits properly, to isolation, or even death.
We all know how it feels to be the point on a graph that just won’t, or can’t, sit on curve.

Subtle Downtempo No is a collaborative performance by Murasaki Penguin (Australia/Japan) and RAW Moves (Singapore). Through dance, sound, light and the flow of time we share the experience of being an outlier that just won’t, or can’t sit on curve. With choreography led by Anna Kuroda and sound & visuals led by David Kirkpatrick, Subtle Downtempo No aims to connect on a subconscious level, reflecting on moments where we have been affected by systems greater than ourselves.

Review

“Subtle Downtempo No by Raw Moves X Murasaki Penguin – a must watch! love the precision in the choreography beautifully rendered by the dancers, amidst emotive visual & sound scapes. A holistic work that’s centred & calm. Beautiful.”
– Tay Tong – Director, Sector Development (Visual Arts) at National Arts Council Singapore – 26th July 2019

“Precise, disciplined, controlled work.”
– Natalie Hennedige – Artistic Director of Cake Theatrical Productions – Facebook on 27th July 2019

“Cathartic and beautiful”
– Ben Yap, PMET – Facebook on 26th July 2019

“The dancers were very in sync, it was a strange kind of harmony. I loved it.”
– Melissa Tan, Artist – Facebook on 26th July 2019

Minute observations made visible only in slow motion.
– Richard B, Writer – Read whole review at Bakchormeeboy

Coverage

Interview https://bakchormeeboy.com/2019/07/10/raw-moves-and-murasaki-penguins-subtle-downtempo-no-an-interview-with-the-team/

Preview https://bakchormeeboy.com/2019/07/01/preview-subtle-downtempo-no-by-murasaki-penguin-and-raw-moves/

Credits

Commissioning organisation - RAW Moves
Choreographer - Anna Kuroda
Sound and Visuals - David Kirkpatrick
Performers - Matthew Goh, Stephanie Rae Yoong, Pichmutta Puangtongdee, Dada, Ernst Lim (understudy)
Production Stage Manager - Allison Menon
Assistant Stage Manager - Angeal Cheong
Technical Manager - Woo E-hui
Assistant Technical Manager - Mariam Arshad Abdullah
Front Of House - Pimmala Jessie Ling, Ashley Sim, Alisha Lacender, Alfred-Jason Tai, Bernard Boey, Emma Lee, Hubert Yeo, Natalie Lei, Yvonne Fong
Graphic Designers - Matthew Goh, Esther Ong
Documentation videography and edit - Paradise Pictures
Documentation photography - Bernie Ng, Kuang Jingkai

RAW Moves Company

Artistic Director - Ricky Sim
Company Manager - Ebelle Chong
Accountant - Sim Siew Kiang
Resident Dramaturg & Administartive manager - Dr. Nidya Shanthini Manokara
Technical Manager & Lighting Designer - Woo E-hui
Company Dancers - Matthew Goh, Stephanie Rae Yoong
Project Dancers - Pichmutta Puangtongdee, Dada, Ernst Lim

日付と会場

Subtle Downtempo No - 2019年7月25日~27日 - ブロックO、グッドマンアーツセンター、シンガポール

内容

システムは多くの人々が物事を理解しやすく反復しやすく作られる。信頼性、簡素化、相互の関連性を追求し、あるデータは平均化され、あるいは削除される。設定の意図か偶然か、想像をはるかに超えた数値(外れ値)はシステムから排除され、その結果「フィットするTシャツがない」事から、孤独そして死をも生み出す。私達は皆、その点がグラフのカーブの上にない、いる事ができない気持ちを知っている。

Subtle Downtempo NoはMurasaki Penguin(オーストラリア・日本)とRAW Moves(シンガポール)の共同制作による作品です。ダンス、音、光、時間の流れを通して、一般から著しく異なる外れ値の存在を共有します。振付は黒田杏菜、音とビジュアルはデイビットカークパトリックによるSubtle Downtempo Noは、自身より大きなシステムにより影響を受けた瞬間を反映し、潜在意識へと繋がっていきます。

レビュー

“Subtle Downtempo No by Raw Moves × Murasaki Penguin – 必ず観るべき作品。精密に作られた振付がダンサーによって美しく変換される。感情的なビジュアルと音の世界の中で 。包括的に関連しあっている。軸があり、穏やかである。美しい。
– Tay Tong – ナショナルアーツカウンシルシンガポール ディレクター – 2019年7月26日

“精密で、鍛錬、統制された作品”
– Natalie Hennedige – Cake Theatrical Productions芸術監督 – Facebook 2019年7月28日

“精神的に浄化され、美しい”
– Ben Yap – PMET – Facebook 2019年7月27日

“ダンサー達がぴったりと同調している、それは変な感じの調和で。私はとても好きです。”
– Melissa Tan – アーティスト – Facebook 2019年7月27日

“ ゆっくりと動くとき、極めて細かい所まで見えてくる。”
– Richard B – 批評家ライター – 批評全文 Bakchormeeboy

掲載リンク

インタビュー https://bakchormeeboy.com/2019/07/10/raw-moves-and-murasaki-penguins-subtle-downtempo-no-an-interview-with-the-team/

プレビュー https://bakchormeeboy.com/2019/07/01/preview-subtle-downtempo-no-by-murasaki-penguin-and-raw-moves/

クレジット

RAW Moves委嘱
振付 - 黒田杏菜
音、ビジュアル - デイビットカークパトリック
パフォーマー - マシューゴー、ステファニーレイユング、ピッムッタープアングトングディー・ダダ、アーンストリム(アンダースタディー)
舞台監督 - アリソンメノン
舞台監督助手 - アンジェルチェオン
テクニカルマネージャー - ウーイーウェイ
アシスタントテクニカルマネージャー - マリアムアーシャドアブドュラー
制作、受付 - ピマラジェシーリング、アシュリーシム、アリーシャラセンダー、アルフレッド=ジェイソンタイ、バーナードボイ、エマリー、ヒュバートイェオ、ナタリーレイ、イボンフォング
グラフィックデザイン - マシューゴー、エスターオン
記録映像編集 - パラダイスピクチャーズ
記録写真 - ベニーン―、クアンジンカイ

RAW Movesカンパニー

芸術監督 - リッキーシム
カンパニーマネージャー - イベルチョング
会計 - シムシウキアング
ドラマツルグ、事務 - ニジャシャンティ二マノカラ博士
テクニカルマネージャー、照明デザイナー - ウーイーウェイ
カンパニーダンサー - マシューゴー、ステファニーレイユング
プロジェクトダンサー - ピッムッタープアングトングディー・ダダ、アーンストリム