David Kirkpatrick

Photo by Eri Chiba
Photo by Eri Chiba

David Kirkpatrick’s practice crosses sound composition, live visuals, performance and installation. His works often relate to the flow of time and essence of individual moments. He is based in Western Sydney, Australia.

David’s recent roles include sound artist for Tamara Dean‘s Stream Of Consciousness at the Adelaide Biennial of Australian Art 2018, China on-set TouchDesigner operator for feature film Pacific Rim Uprising (2018) and building projection designer for the Illuminate Wollondilly Festivals (2015-19).

Accolades include Australia Council for the Arts [Digital Culture funding (2010), ArtStart (2009)] and a Fellowship of Australian Composers Award (2007).

For more information see davidk.com.au

デイビットカークパトリックは、音楽、ライブ映像、パフォーマンス、インスタレーションの創作をする。彼の作品は、時の流れと一瞬に存在する本質的要素を引き立たせる特徴がある。オーストラリア西シドニーを拠点に国内外で活動する。

近年の作品では、タマラディーン「Stream Of Consciousness」アデレードビエンナーレ(2018)の音楽構成、長編映画パシフィックリムアップライジング(2018)のTouchDesigner オペレーター、IlluminARTe Wollondillyフェスティバル(2015-2019)プロジェクションマッピングデザイン等がある。

過去にオーストラリアカウンシルフォージアーツディジタルカルチャーファンディング(2010)、ArtStart (2009)、オーストラリア作曲家のフェローシップ(2007)を授与。

ウェブサイト davidk.com.au