David Kirkpatrick

Photo by NECK RO

David Kirkpatrick is based in Western Sydney, Australia. He is inspired by international/local sharing of art, perception and energy of place. His practice crosses sound composition, live visuals, performance and installation.

Recent projects include Window performances at the TOYOTA Chorography Award Japan (2016) and Dance In Asia Japan (2015), building projections for the IlluminARTe Wollondilly festivals Australia (2017-15) and China on-set TouchDesigner operator for feature film Pacific Rim 2, due for release in 2018.

Accolades include Australia-Japan Foundation (DFAT) funding (2016), Wellington LUX festival installation funding (2015), Australia Council for the Arts [OYEA (2012), Digital Culture funding (2010), ArtStart (2009)] and a Fellowship of Australian Composers Award (2007). David graduated from the University of Wollongong in 2008 with a BCA First Class Honours (Sound – Composition and Music Production).

For more information please visit davidk.com.au.

デイビットカークパトリックはオーストラリアの西シドニーを拠点に、音楽、映像、インスタレーションの制作を行っている。デイビットは地元から世界各地、様々な人達と芸術を共有する事に興味があり、特に空間の使い方、知覚、また空間の持つエネルギーに興味がある。

近年の作品はトヨタコレオグラフィーアワード 2016Dance In Asia 2015にて上演されたWindow、プロジェクションマッピングIlluminARTe Wollondillyフェスティバル2015~2017、オーストラリア、そして長編映画パシフィックリム2TouchDesigner オペレーター(中国、オーストラリアの撮影現場)、2018年公開予定。

豪日交流基金(DFAT) (2016)、Wellington LUX festivalインスタレーション助成(2015)、 オーストラリアカウンシルフォージアーツ[OYEA (2012)、ディジタルカルチャー助成(2010)、ArtStart (2009)] 、オーストラリア作曲家の特別奨学金(2007)の受給者。デイビットは2008年ウォロンゴング大学 (音楽学科-作曲音楽制作)創造芸術学士号を首席で卒業。

ウェブサイト(英語) davidk.com.au