News

Trisha Brown Workshop in Yokohama

© Nathaniel Tileston
© Nathaniel Tileston

A special workshop with Trisha Brown Dance Company will be held in Yokohama from Saturday, April 13th to Sunday, April 14th, 2024.
Click here for details

2024年4月13日(土)~14日(日)トリシャブラウンダンスカンパニーと特別ワークショップを横浜で開催いたします。
詳細はこちら

About

Photo by Eri Chiba
Photo by Eri Chiba

Murasaki Penguin® is an interdisciplinary collaboration between dancer/choreographer Anna Kuroda and sound/multimedia artist David Kirkpatrick, based in Yokohama, Japan and Sydney, Australia. Our work crosses cultures and the boundaries of dance, sound, video, electronics and large scale installation – with a focus on interactivity and live performance.

Collaboration is at the core of what we do. Rather than separating our areas of practice then combining results at the end, we work in each other’s areas of specialty throughout the creative process. Anna works with sound and visuals and David is involved in choreography. This process of bringing different perspectives and skill sets into all areas of our work leads to unique and surprising outcomes for the audience and ourselves.

Our interests lie in making work by creating spaces where audiences and ourselves can feel our existence and past memories through simplicity in movement, flow of time, layers of perception and the essence of moments.

Select works

Stutter – full length audience interactive performance commissioned by RAW Moves, Singaporean dance company. Subtle Downtempo No – full length repertory commissioned by RAW Moves, Singaporean dance company. Motion Theory – kinetic installation, dance, projection and generative music collaboration with Kian Peng Ong for Singapore Art Week 2019 and Singapore Inside Out Festival 2017, supported by the Australia Council for the Arts, The National Arts Council Singapore, Singapore Art Week and the Singapore Tourism Board. Sit – moving image installation commissioned by Casula Powerhouse Arts Centre for their Near x Far exhibition 2017. Window – performance at the Toyota Choreography Award 2016, Japan, supported by the Australia Japan Foundation (DFAT). Shima– performance within an interactive LED flower installation, versions presented in New Zealand (Wellington LUX 2015), Italy (Palomart Eco Festival 2012) and Australia (Underbelly Arts Festival 2011). Citylights~街の灯 – performance installation connecting two cities, Sydney and Yokohama, supported by Australia Council for the Arts OYEA, Japan Foundation Sydney and Yokohama City.

Murasaki Penguin®は黒田杏菜(ダンサー/振付家)デイビットカークパトリック(サウンドマルチメディアアーティスト)が横浜とオーストラリアのシドニーを拠点に、ダンス・音楽・映像・電気・光・インスタレーションを織り交ぜ活動するグループ。ライブパフォーマンスを中心とした互いに作用する発見に焦点をおいている。

コラボレーションは私たちの活動の中核です。分野を分けて最終的に組み合わせるのではなく、創造的なプロセス全体を通してお互いの専門分野に取り組んでいます。 黒田はサウンドとビジュアル、カークパトリックは振付に携わっています。過去作品全ての分野に様々な視点と技術を持ち込むこのプロセスは、観客と自分達自身にとって特異さと驚きをもたらします。

素朴な動き、時間の流れ、感覚の層、瞬間の本質を通して、存在と記憶を知覚できる空間を作る事に興味がある。

過去の作品(一部)

Stutter – ダンスカンパニーRAW Moves(シンガポール)による委嘱、観客によってダンス・映像・音楽が相互作用するパフォーマンス作品。Subtle Downtempo No – RAW Movesによる委嘱、ダンスレパートリー作品。Motion Theory - メディアアーティスト、オンキアンペンと共同制作したキネティックスカルプチャー・ダンス・映像・音楽が相互作用する展示作品 シンガポールアートウィーク2019シンガポールインサイドアウト2017委嘱。 オーストラリアカウンシルフォージアーツ、ナショナルカウンシルシンガポール、シンガポールアートウィーク、シンガポール政府観光局助成事業。Sit - カスラパワーハウスアーツセンター委嘱、映像展示作品。グループ展Near x Far 2017。Window - トヨタコレオグラフィーアワード2016世田谷パブリックシアター、豪日交流基金助成事業。Shima - ダンス展示作品。ウェリントンラックス2015(ニュージーランド)、パロマートエコフェスティバル2012(イタリア)、 アンダーベリーアーツフェスティバル2011(オーストラリア)委嘱。Citylights~街の灯 - 横浜とシドニーの2都市をライブストリームで繋ぐパフォーマンス展示作品、オーストラリアカウンシルフォージアーツOYEA助成事業、国際交流基金シドニー、横浜市マザーポートエリア創造活動支援事業。